蜜蝋キャンドルカタログ

変色・色あせしていない「黄色」「オレンジ色」の東北地方の森で収穫された100%蜜蝋で製造しています。
色が「茶」や「白」系に変色する前に、楽しんでいただきたいのでシンプルな形にこだわっています。


ご注文について

【お知らせ】

現在の納品状況
なるべく作り立てのきれいな色で納品したく、人気の品以外は受注製造しております。概ね3〜4日ほどお時間をいただいておりますが、品によりさらに時間の掛かるものもございます。急ぎの場合はご相談下さい。

アウトレット品安価で販売中!

色のうすい蜜蝋Nタイプでの割引製作について

ギフトセット各種取りそろえました

うまく灯すためのQ&Aはこちら

安藤竜二
代表 安藤竜二 



【ご注文方法】

 
1.カタログからお選び下さい

写真をクリックすると詳細が開きます。 ほとんどの写真はクリックすると大きくなります。

 2.メールでご注文下さい

各ページにある下記青いバーでハチ蜜の森キャンドル宛のメールが開きます。


買いものカゴは設けておりませんので、 品番、品名、本数、住所、郵便番号、電話番号、 お名前、お支払いと発送方法(下記参照)を明記してお送り下さい。
品番から価格までをコピーしてメールに貼付けると簡単です。
※開かない場合はryusbees☆alto.ocn.ne.jp (☆を@にして下さい)へ。
※メールを利用していない場合は、電話やファックスでどうぞ。
  ファックスの場合は必ず返信用番号もお知らせ下さい。

※携帯メールは、PCメールの受け取り拒否になっていないことをご確認ください。

 3.確認とおおよその発送日について返信いたします。

ただし、休みの日や講座などに出張している時は返信が遅れます。 2日経っても返信が届かない場合はお手数ですが再度お知らせ下さい。

   

蜜蝋キャンドル
通常包装

納品とお支払いについて

下記のいずれかをご指定下さい。指定のない場合は代金引換でお送りいたします。

 
■代金引換
 品物到着時に郵便配達員の方にお支払いください。
詳細
 ただし、1000円未満のご注文は振込でお願い致します。
 
 品代合計+送料+代引手数料260円=ご請求金額

 ※発送時に合計金額をお知らせいたします。
 ※ゆうパックの場合は配達日時指定ができます。
 ※受け取れなかった場合は希望日に再配達してもらえます。
 

 ■振込前払い
 ご請求金額が確定しましたらお知らせいたしますのでゆうちょ銀行へお振込下さい。
 確認後に発送いたします。
 ※お客様のゆうちょ銀行口座からのATMやゆうちょダイレクト振込みは手数料0円になります。

 品代合計+送料=ご請求金額



送料について
 
  安価な「定形外郵便」もしくは、速くて安全な「ゆうパック」をご指定下さい。
  ※ご指定ない場合は安価な方でお送りいたします。

 
■定形外郵便について
  急ぎではなく配達時間指定の必要もない場合は、安価な定形外郵便でお送りいたします。
  こわれやすい品はゆうパックになります。
  〈料金〉全国一律・150gまで205円 ・250gまで250円 ・500gまで400円 ・1kgまで600円
  ※送料の確実な金額は梱包してみないと分かりません。おおよそはお知らせできます。
  ※祝日・日曜日の配達日指定は200円の手数料がかかります。時間指定はできません。
  ※お届け日数など詳細は日本郵便をご覧下さい。
  ※ただし、遠方で重量が重くなると、ゆうパックの方が安価になる場合もあります。
  ※カタログに、おおよその包装重量を表記しておりますので参考になさってください。

 
■ゆうパックについて
   お急ぎの際や配達時間指定、こわれやすい品の発送はゆうパックでお送り致しております。
  〈料金〉120サイズまで一律
   ・山形県内 600円 ・東北、関東、信越 700円 ・北海道、北陸、東海、近畿 800円  
   ・中国、四国、九州 1000円 ・沖縄 1300円

 〈こわれやすい品〉ハニーツリー、INORI、テーパーの25cmと30cmサイズ、スパイラル、燭台など
  

 
 
●特定商取引に関する法律にもとづく表記はこちら

  ●印刷用ミニカタログ(pdf)はこちら


住所/電話・FAX番号

ハチ蜜の森キャンドル 代表 安藤竜二
〒990-1573 山形県西村山郡朝日町立木825-3 TELとFAX 0237-67-3260 


※買いものカゴは使用していません。お手数ですがメールで直接ご注文下さい。


 


お願い
■色あせします。飾らないで下さい。
 残念なことに蜜ろうは次第に色あせするものです。特に太陽の光や照明器具には弱いです。色があせると、灯した時の溶け口が透ける美しさや、光に照らされ現れる蜜ろうのやさしい色合いが半減します。これは花粉がもたらした貴重な色なのです。 詳しくはこちら
 ハチ蜜の森キャンドルでは、収穫から精製(濾過)、製造まで、この色を守ることに注意し、さらに製品はすべて紙で覆って販売しております。ですから、華やかな飾りロウソクは作っておりません。灯して楽しんでいただくことを目的に、シンプルな形づくりにこだわっております。どうぞ飾らないで、包装したまま暗い所に保管して下さい。それでもしだいに色あせますが、表面の色のトーンが落ちても、中の美しい色が残っているので、灯すときれいさが見えます。もともと変色した蜜蝋で作っていないからです。いずれにせよ、なるべくお早めにお使い下さい。

■より美しい色を楽しむには

 
長い時間灯していると、溶け口が熱を持ち白っぽくなります。溶け口がある程度広がった2度目からの点灯時が最も美しいです。特に太めのキャンドルは写真のように全体が透け始めきれいです。

■香りについて

 蜜ろうは全て甘い香りがすると思われがちですが、ハチミツに様々な色、香、味があるように、蜜ろうも色も香りも様々です。ハチ蜜の森キャンドルでは香料は入れておりませんので、残念ながら、とても甘い香りがする蜜ろうはわずかです。
※甘い香りの 蜜ろうSタイプ(BW-S)
での製作を希望される場合は定価の30%増しで賜っております。

■太さについて
 蜜ろう100%で煤を出さず太いキャンドルを作るのはとても困難です。ハチ蜜の森キャンドルの技術では未だ直径50mmが限界です。

■安価なものをお求めでしたら
 少し色あせしたNタイプ蜜ろうを使っての製造もいたしております。品によりますがおよそ20%安価にいたします。お問い合わせ下さい。


うまく灯すためのQ&Aをご覧下さい↓


 


 使用にあたっての説明書(pdf)
  ※キャンドルにも添付しております。ご使用前に必ずご覧下さい。

 

 

蜜蝋キャンドル
右が色あせた蜜蝋キャンドル

蜜蝋キャンドル
2度目からの点灯時が美しいです


カヌレ形の蜜蝋キャンドル



粗悪な蜜蝋にご注意!
スマートフォンの方はこちら

近頃、パラフィン蝋(石油系)が混ざったものや、粗末な作りの蜜蝋キャンドルが出回っていますのでご注意下さい。きちんと灯り、お客様が納得なされるものなら問題はありません。下記を参考に比較なさって下さい。

100%蜜ろうの見分け方

 1.気温の下がる冬季は、白い“ろう粉”が表面につく。
 2.色がきれいな黄色もしくはオレンジ色をしている。(濃淡あり)
 3.色があせやすい。(小一ヶ月〜 要暗所保管)
 4.無風の状態なら油煙が出ない。
 5.消した時に嫌な匂いがしない。
 6.気温の高い夏期は柔らかくペタペタする。
  ※パラフィンロウソクよりも暑い部屋で曲がりづらいです。

蜜蝋キャンドル
蜜蝋キャンドル各種



注意したい蜜蝋キャンドル※概ねの原因として参考になさって下さい。

 1.茶系・白系の色は、変色・色あせしたもの
  →古い巣を使ったもの、熱を加え過ぎて焦がしたものは、濃い茶系の色になりやすいです。
  →紫外線にあたったものや製造から時間のたったものは、白・クリーム・薄茶・黄土色系の色になります。
  →薬剤を使って脱色したものは白色です。
  →透明色の蜜ろうはありません。
 2.灯芯を、
らせん状の凧糸やチャーシューの糸を使っている
  →煤が出たり、炎が小さくなったりする可能性があります。
 3.茶色系の蜂の巣柄キャンドル(ハニカムシート)
  →養蜂で巣を巣枠に作らせる時に用いる安価な「巣礎」をそのまま使っている可能性があります。
   巣礎は、パラフィン蝋が混ぜてあり、濾過も不十分なため、うまく灯らなかったり煤が出たりします。

 4.無風なのに流れやすい、炎が小さい、最後まで灯らない、灯すとバチパチとろうがテーブルに飛ぶ
  →濾過が不十分
 5.真冬でも表面にろう粉がつかない(沖縄など暖かな地域はのぞく)
  →パラフィンが入っている可能性があります
 6.飾っていても色があせない
  →顔料を入れてある可能性があります。
 7.とても太いキャンドル
  →パラフィン蝋を入れて燃えやすくしている場合もあります。
  →あるいは太い芯を使っているため煤が出やすいです。
 8.腐臭・かび臭がする
  →収穫時にすぐに精製(湯で煮る)せずに放置していた蜜ろうです。
 9.無風なのに煤が出る
  →パラフィン蝋が入っている可能性があります。



トップへ戻る